丸伊石材工業株式会社

おかげさまで、60周年

ENVIRONMENT
環境への取り組み

私たちは、健全な環境の維持向上と汚染の防止に努め、地域やすべての方々から信頼される事業活動を展開するため、砕石業として他社に先駆け継続的な環境改善活動に取り組んでいきます。 基本理念に則り、環境方針を次のように制定します。

  • ● 継続的に環境改善を行い、環境側面に関する適用可能な法律・条例及び要求事項を順守します。
  • ● 事業活動が環境に与える影響へ最大限の配慮を行い、環境汚染の予防に努めます。
  • ● 技術的・経済的に可能な範囲で環境目的や目標を設定し、定期的に見直しを行います。
  • この環境方針は全従業員及び当社員に周知徹底します。

丸伊石材の環境への取り組み 「太陽光発電導入実績より算出したCO2削減量」

発電量581,614kwh

159世帯分 ※3

(平成28年11月1日〜平成29年8月31日現在)

年間太陽光発電システム導入実績より
CO2削減量は…※1

294,006kgとなり、

※発電量581,614kwh×0.5055kg-CO2

※2CO2削減量を杉の木に換算すると、

21,000本分

※294,006kg÷14kg

※1:太陽光発電協会「表示に関する自主規制ルール」より電力会社平均のCO2発生量-太陽光生産時CO2発生量=削減効果 551g-45.5g=505.5g=0.5055kg-CO2/kWh

※2:環境省・林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」より杉の木1本当たりの二酸化炭素吸収量は約14㎏(年間)に相当。

※3:一般家庭1世帯で消費する電気を1日当たり10kwhと想定。